学校案内

最新の技術に基づいた安心安全な「まちづくり」を実現させるために

国土交通大臣登録 学校法人 嶋田学園 福岡国土建設専門学校

豊かで安全な生活。便利でゆとりある生活。古代から人類はそのような生活を実現するために、さまざまな知恵を生み出してきました。その基本となるのが、道路・水道・橋・堤防・港・運河そして飛行場といった、社会生活の基盤となる施設であったと思います。

それらの社会資本とも言うべき土木施設を支えるのが、測量・設計・都市計画の技術です。これらの技術は直接に、生命の安全や生活に関わることから、昔から高いレベルでの知恵と技術が集まる世界でした。

何百光年もの先にある星を観測して地図を作り、高等数学を駆使して大規模な土木構造物が作られています。しかし人間社会のニーズに沿って徐々に進められてきた国土建設が、いつの間にか経済発展のための国土建設に変わってしまい、環境破壊や安全性を無視した建設も生まれてしまいました。

21世紀を担うみなさんは、便利性だけでなく市民が安心して生活でき、緑豊かな自然環境を大切にするまちづくりを目指さなければなりません。そのためには、基礎となる技術をしっかりと身につけ、自然と向き合い、さまざまな技術を自由自在に使いこなすことができる専門技術が必要となります。

国土交通大臣登録 学校法人 嶋田学園 福岡国土建設専門学校

本校では、そのような時代の風を受けて飛躍していく若者のために、基礎から専門分野までのまちづくりの技術を、測量・土木設計・都市環境計画の領域ごとにカリキュラムを組み、さらにGPS・GIS・CADといった最新のIT技術も本格的に取り入れ指導して参ります。

当校は、地球規模で環境を考え、市民の目線で安心して生活できる“まちづくり”の夢を持ったみなさんをお待ちしています。

学校沿革

国土交通大臣登録 学校法人 嶋田学園 福岡国土建設専門学校

本校は創立以来40余年、優秀な測量技術者の養成と人間性の錬成に専念してきました。この間卒業生は5,300名以上にのぼり、公務員をはじめ、土木建設、測量・コンサルタント業、土地家屋調査士、造園業等の各分野で活躍しています。
また、社会的ニーズに応えて平成23年度より建設系公務員を目指した都市環境設計科、及び測量技術にIT技術を加えた測量技術情報科を新設、時代の要請に応え得る感性豊かなスペシャリストを養成しています。

昭和48年 4月17日 福岡県知事より設置認可
昭和48年 4月23日 測量に関する養成施設として建設大臣より指定
昭和51年 4月 1日 専修学校制度による専門学校設置認可
昭和51年 4月12日 労働者の有給教育訓練奨学金付きの指定校
昭和61年 4月 測量学科第一部を測量学科第一部Aコースに変更
測量学科第一部Bコース(2年課程)を新設
平成元年 4月 1日 設置学科名変更
平成元年 4月 測量技術科第一部Aコースを測量技術科に変更
測量技術科第一部Bコースを測量設計科に変更
平成 6年 4月 設置学科一部変更
平成 9年 4月 日本語学科新設
平成12年 4月 緑地環境工学科を緑地造園科に変更
平成16年 4月 緑のまちづくり科新設
平成16年 8月31日 測量に関する専門の養成施設として国土交通大臣より登録
平成21年 4月 測量設計科と緑地造園科を統合し、都市環境デザイン科に名称変更
測量技術特科新設
平成23年 4月 都市環境デザイン科を都市環境設計科、測量技術特科を測量技術情報科に変更
緑のまちづくり科を国際環境科に名称変更
平成26年 4月 測量技術情報科、都市環境設計科
文部科学省より専修学校 職業実践専門課程を認定

留学生の方へ

このページの上へ